団塊世代の移住

団塊世代の諸君!田舎が呼んでいる。

今年2007年から、団塊の世代の大量定年が始まる。
これを機会に、地方では団塊の世代を呼び込もうと、あの手
この手を講じている。

栃木県でも、新年度から知事を本部長とする
「団塊世代対策推進本部」を立ち上げる。

どうにかして、退職した団塊の世代、特に首都圏の人たちに、
栃木県にUターンなりIターンしてもらおうと必死なのだ。◆増える田舎推進事業

人口が減り、高齢化が進む田舎にあっては、新しい住民、
いやたとえ別荘の住人、観光客であっても、
「オール・ウェルカム」である。

仕事や子育てが一段落した団塊の世代に、おらが田舎に
来て欲しいと考えている地方の自治体は多い。

栃木県の来年度予算案をみても、その意図は明らかだ。

一般予算自体は、合計7717億円で前年比5.8%減の緊縮予算
なのだが、新規事業も含めて「団塊対策予算」が1億5800円も
盛り込まれている。

例えば、団塊世代の「とちぎ暮らし」推進事業500万円、

意欲ある新規就農者の確保育成事業1000万円、

セカンドライフビジネス支援事業300万円、

とちぎ悠々おとな旅事業3000万円などは新規事業だ。

予算規模をみると、どれだけのことができるのか心配だし、
独自色に乏しいという批判もある。だが、栃木と東京の
「二地域居住」実現への受け皿作り、滞在・体験型旅行商品の

開発、「とちぎで農業を始めようキャンペーン」や
「定年帰農セミナー」の開催などは面白そうだ。

他にも、農業大学校に就農準備のための「とちぎ農業未来塾」が開設されたり、建設関係企業の退職技術者を市町村に派遣する「建設エキスパート活用支援事業」も計画されている。

とにかく、仕事でも遊びでもいいから、団塊の世代に栃木に
来てもらおうと、期待をかけている感じだ。

私自身は、団塊の世代より10年ほど若いし、40代なかばで
田舎暮らしに突入してしまったので、あまり参考にならない
かも知れない。

けれど、どんな世代でも、どんな理由でも、どんな形でも、
田舎に来たり住んだりすることには、大賛成である。

だた、団塊の世代が一筋縄でいかないことも、よく知っている。

団塊の世代は、個人主義に目覚めた初めての世代だろう。
同世代の人数が多い分、競い合いも激しかったし、
自己主張も強くなければならなかったに違いない。

個性が尊重された半面、理屈っぽい人も多いように思う。


◆団塊世代の知恵が必要

セカンドライフを田舎で──と呼びかけても、内心興味は
あっても、そう易々と乗ってくるとは思えない。

ここは素直に、「こんなことをして助けて欲しい」と
お願いした方がいい。

その意味では、建設関係のベテラン技術者に田舎の建設会社に
入ってもらい、さまざまな技術を教えてもらうというのは、
いい試みだ。

田舎の建設会社は数こそ多いもの、技術レベルは誇れた
ものではない。

道路工事ひとつとってみても、「いつまで、やってんだい」
「何年もしないうちに、また掘り起こすんかい」というものが
目立つ。

都会で、あんな工事をしていたら周辺からものすごい
クレームが舞い込むだろう。

田舎で困っていることの1つに、年老いた親たちの昼間の面倒を
どうみるかということがある。

60代70代は元気だが、80代のお年寄りになると心配が出てくる。

その子供の世代は、まだ共働きがほとんどだ。
認知症気味になった親の面倒をみるために仕事をやめざるを
得なくなった人の話を時々聞く。

「昼間、ちょっと面倒みてくれる『託老所』を作ってもらえないだろうか」というお願いをされたこともある。

このあたりも、福祉経験のあるベテランの知恵が欲しい。

さらに、わが那珂川町では最近、イノシシの被害がひどい。
頭数は年々増えているようで、手を焼いている。

ハンターが猟犬を連れて山に入っているが、とても
間に合わない。

サツマイモなど、ちょっと油断すると「全滅だー」という
憂き目にあう。

コメも刈り入れ直前の田んぼを荒らされて、それまでの
苦労が無に帰することも間々目にする。

このイノシシをどうにかできないか。
さらに言えば、イノシシの肉というのはとても美味しいので、
郷土料理にできないか。

味は、豚肉の旨みを濃くした感じで、意外にも柔らかい。
団塊の世代といえども、田舎では若手でとおる。

なんとか、一肌脱いでもらえないだろうか。

元プレジデント編集長の田舎暮らし奮闘記 より
http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/joy/country/070215_dankai/

まだ、私でもお役に立てれるかも、身体が元気ならば。

私たちの子供の頃は「近所づきあい」が普通に行われていて
隣から「ソース・醤油」などの貸し借りを普通に行われて
いましたよね。

田舎に住んで、手助けが普通にできるような行政の手助けが
欲しいですね。

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。