団塊世代

夏季大学(?)で勉強しませんか?

◆JTB、団塊世代に向けた教育事業
「シニアサマーカレッジ」開催大学を拡充。


JTBは2日、団塊世代向けの夏季限定教育プログラム
「シニアサマーカレッジ」の開催大学を昨年の2大学から
7大学へ拡充すると発表した。

開催大学は

弘前大学、岩手大学、信州大学、岐阜大学、香川大学、高知大学、山口大学。

08年には開催大学を12大学に拡充していく予定だ。
シニアサマーカレッジは学習意欲の高いシニア層に向け、
夏季休業中の大学施設を使って本格的に学習をする
教育プログラム。

開催期間は8月〜9月の2週間(開催日は大学により異なる)。

募集定員は30名以上。募集開始は4月中旬を予定している。

受講料は2週間コースは130,000円、

1週間コースは70,000円となっている。

プログラムは各大学独自の研究成果や大学周辺地域の資源や
伝統を反映させた講義を用意。

2週間コースでは全20〜24講義を予定しており、7割を
大学教員が、3割を地元自治体と地元企業が担当する。

また、学習効果を高めるために、開講の1カ月前から受講する
大学の地元新聞等を導入した事前学習や課外プログラム(別料金)も実施する。

プログラムの詳細や申し込み方法は専用ウェブサイトにて近日公開。

お問い合わせは JTB 

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46531609
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。