セカンドライフの過ごし方

シニアビジネスは男がつくる

少子高齢化が進む日本で、様々な形でシニアビジネスがクローズアップされている。

シニアビジネスのターゲットは、定年退職した大量の元企業戦士の男性であると語り、

シニアビジネスは男がつくる』(東峰書房刊)を

書いた公認会計士で税理士の本郷孔洋さんに、

シニアビジネスの可能性について語ってもらった。

今年は「2007年問題」の年。

あちらこちらで言われている団塊世代の定年退職が始まり、
時代が変わります。

消費時代をひっぱり、多くのカルチャーを作ってきた彼らが
新たにコアとなる「シニアビジネス」が、本格化
することになるでしょう。


 私はここ数年、シニアビジネスの異業種交流会
「ゴールド倶楽部」を主宰し、広げてきました。

そしてシニアビジネスがいかに広く深く、バリエーションを持っているかを知りました。

そうしたシニアの市場を知る数値データのいくつかを、
ご紹介しましょう。


 人口減少時代に入りながら、シニア人口に限っては飛躍的に
増える日本では、極論すると、
「シニアが1人増えると、景気が良くなる」と言えそうです。

内閣府が2006年に発表した「高齢社会白書」の高齢者の貯蓄、資産についての調査結果では、65歳以上の世帯の平均貯蓄高は

約2504万円で、全世帯の1.5倍。そのうち20%弱の世帯は
4000万円以上の貯蓄を持っているそうです。


 さらに日本経団連による退職金調査では、2007〜2009年度に
60歳の定年退職で支払われる正規入社社員の退職金の総額は、
50兆円前後と推計できるようです。


 しかし、私が一番興味をもっているのは余命データです。

現在の日本人の平均寿命は男で78歳、女で85歳で、毎年少しずつ延びています。

2004年の平均余命は60歳の男で22年、女で28年近くあります。

明らかに、もう1回別の人生が送れるだけの時間はある
ということです。

by「日経WagaMaga」

私は今年60歳ですから、まだ22年間あるのですね!
身体が健康ならば。

今も、ネットビジネスに燃えて(?)います。
頑張ります!楽しみながら。

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。