セカンドライフの過ごし方

団塊世代はマンション居住希望。

長谷工アーベストはこのほど、首都圏で受託販売した
マンション入居者を対象に
「住宅を購入する際の一戸建ての検討状況」と
「マンションの優位性」に関する調査の結果を発表した。

 それによると、マンション購入を検討する際に一戸建ても
検討した人の割合は全体で34%となった。

団塊世代に限ってみると約12%にとどまり、マンションのみで
検討した人が約88%という結果になった。

 「マンションの優位性」については、
「防犯性が高い」が72.1%で1位。

続いて「維持管理が楽」が50.7%、

「日照・眺望が良い」が48.9%、

「断熱性が高い(冬暖かく、夏涼しい)」が46.6%、

「立地の利便性が良い」が46.0%となった。

団塊世代に限っては、「断熱性が高い(冬暖かく、夏涼しい)」

が1位となった。

by「asahi.com」

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
『住宅購入の際の一戸建ての検討状況』・『マンションの優位性』調査
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)で 受託販売したマンション入居者を対象に、 長谷工アーベストが行った 『住宅を購入する際の一戸建ての検討状況』・ 『マンションの優位性』に関する調査の結果を発表した。..
ブログ名素人がコツコツ調べた不動産・住まい関連情報

           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。