団塊世代と農業

団塊世代向け農業ツアー ?

群馬県は首都圏の団塊世代を狙った集客事業に乗り出す。

県庁内のプロジェクトチームがブルーベリー狩りなどの
体験型観光や温泉を盛り込んだモデルコースを企画。

旅行会社と連携してツアーとして練り上げ、7月までに実施する。団塊世代の余暇需要を取り込んで県内観光業の活性化を目指す。

3シーズンに分けてモデルコースをつくる。

今年度第1弾として初夏に観光農園や農業加工施設で
ブルーベリー狩りやジャム作りができるツアーを企画する。

秋(9―10月)にはナシ・リンゴ狩りやソバ作り体験、
冬季にも旬の農産物を生かした体験型の観光コースを
まとめる計画だ。

温泉を組み合わせて東京都からの1泊または日帰りツアーとして
旅行会社を通じて販売する。

夏休みや冬休みのピーク時を外した閑散期の観光客誘致を狙う。

主体となるのは
「農林業と観光の連携推進プロジェクトチーム」。

県の観光国際課や食品安全課、農政課などの担当者
20人以上で構成する。
引用「NIKKEI NET」

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。