年金問題のQ&A

受給開始を遅らせると

Q 年金の受給開始を遅らせると、年金額が増えるのですか。


 A 年金をもらえる年齢になっても、収入があるなどで、まだ

年金は必要ないという人もいるでしょう。

 このため、基礎年金や厚生年金には、受給開始を遅らせると
年金額が増額される仕組みが設けられています。
「繰り下げ受給」といいます。

 まず、基礎年金の繰り下げ受給から説明します。

 基礎年金の支給開始は65歳です。繰り下げ受給は、66歳から70歳ちょうどまでの希望する時点に、受給開始を遅らせる仕組みです。
遅らせた期間に応じて年金が増額されます。

 年金の増額割合は、1941年4月2日以降に生まれた人の場合、繰り下げ期間1か月につき0・7%。1年繰り下げると、65歳から受け取るときと比べて8・4%の増額、5年繰り下げて

70歳ちょうどから受け取る場合は42%の増額です。

この増額は一生続きます。

 基礎年金を満額もらえる人の場合、通常通り65歳受給開始だと月額約6・6万円(2007年度)です。3年繰り下げると25・2%増で月額約8・3万円、5年繰り下げると42%増で

月額約9・4万円になります。

 繰り下げ受給が得になるか損になるかは、何歳まで
生きられるかによります。

 66歳ちょうどに繰り下げた場合、受給額の累計が65歳受給開始の場合を追い越すのは、78歳近くになってから。繰り下げ期間が1年延びるごとに、追い越す年齢が1歳上がります。

 繰り下げ受給を始めてすぐに亡くなった場合、結果的に年金はわずかしか受け取れません。一方、繰り下げ受給をするつもりで年金を請求せず、

受給する前に亡くなった場合は、65歳から受け取れたはずの
年金が遺族に支払われます。

 厚生年金の受給者に扶養される配偶者は通常、基礎年金に「振替加算」が上乗せされます。

しかし、繰り下げ受給をすると、実際に受給を始めるまで振替加算も
もらえません。また、振替加算は増額されません。

厚生年金の繰り下げ受給は07年度に導入。65歳以降の老齢厚生年金だけの制度で、今年度以降にその受給権が発生する人が対象です。

60歳代前半の厚生年金は対象外。増額割合は基礎年金と同様です。

 会社勤めを続けていると、一般に賃金に応じて厚生年金が減額されます。退職まで受給を繰り下げても、減額は回避できません。

減額された場合の年金額をもとに、その後の年金額が算定されます。(林真奈美)

by YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/43/kaikaku205.htm


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。