団塊世代の移住

湖北で第二の人生を 「団塊世代」移住促進へ

滋賀県湖北地方の米原市や余呉町など1市4町は、定年を迎えた

「団塊世代」など都市部からの移住希望者の受け皿づくりに乗り出す。

移住や滞在体験用の空き家情報の提供や相談窓口となる組織を

本年度中に立ち上げる計画で、移住者の受け入れを支援する

コーディネーター役の募集を始めた。


退職後に地方への移住を望む人たちを呼び寄せ、高齢化や過疎化が

進む地域の活性化を目指す。

移住促進を図る拠点組織を設けるため、湖北、木之本、西浅井町を

含む1市4町は7月下旬、「湖北地域移住・交流事業実行委員会」

(事務局・余呉町)を設立した。



受け皿となる組織は、居住可能な空き家を紹介したり、移住者が

地域に溶け込こめるよう、自治会など地域の慣習などについても

助言する。


農作業や古民家の改修といった体験型の「お試し宿泊」など、

定住のきっかけづくりにも取り組む。



同実行委は、湖北地域と都市部の人たちのコーディネーター役となる

人材を8月末まで募集している。


9月以降に計5回の研修会を開き、定住促進の先進地の事例を

学んだり、移住体験事業に参加してもらう。

 問い合わせは同実行委員会事務局TEL0749(86)3221。

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59219341
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。