団塊世代と農業

団塊世代農業で輝け 担い手育成着々

【長野・上伊那】

JA上伊那は、定年を迎える団塊の世代を地域農業の担い手として

育てることを目的にした通年講座「シニアあぐりスクール」を

今年もスタートさせた。


将来移住して就農を希望する県外からの参加者もいる。

収入を得られる農業を目指して野菜や果樹、水稲などの

栽培方法と農業経営などを学ぶ。

 
2年目で、受講者は30人。

1年目の講座は好評で、昨年から引き続き参加する受講者も

5人いる。

来年1月まで5回の講義があり、講師はJA営農指導員や生産者が

担当する。

 
南箕輪村のJAファームいな竜西店でこのほど、開校式と

1回目の講義を行った。

25人が出席し、ポジティブリスト制度や、農薬に関する知識などを

学んだ後、野菜や果樹の圃場(ほじょう)を視察した。

 
上伊那地区へ移住することと、就農を考えて大阪府から参加した

日比治さん(57)は

「初めて参加したが、面白い。子どもたちが伊那に住んでいることも

あり、いつかは住んで農業をやりたい。

何を作るか考えていきたいので、苦労なども教えてほしい」と

期待していた。

by 日本農業新聞

http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin8/article.php?storyid=2578

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59220251
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。