年金問題のQ&A

年金は65歳前と後 仕組みどう違う

Q 厚生年金は、65歳の前後で仕組みが変わるのですか。

A 会社員などが加入する厚生年金は、現在は一部が60歳から

支給されます。 

厚生年金は、65歳を境に支給内容と名称が変わります。

本来の「老齢厚生年金」は65歳以降の年金を指し、

60〜64歳の年金は「特別支給の老齢厚生年金(特老厚)」と

呼びます。

 
60〜64歳の特老厚は、二つの部分に分かれています。

現役時の賃金に応じて金額が決まる「報酬比例部分」と、

加入期間に応じて決まる「定額部分」です。


 
このうち「報酬比例部分」は、今は、要件を満たせば60歳から

支給されます。

1953年(女性は58年)4月2日以降に生まれた人からは

段階的に支給開始が引き上げられ、61年(同66年)4月2日

以降に生まれた人には支給されません。



 
報酬比例部分の計算方法は複雑なので、基本的な考え方だけ

紹介します。

 
まず、加入期間中の賃金を現在価値に換算した上で、その平均額を

算出します。

この金額に、生年月日によって異なる係数(乗率)と加入月数を

掛けて、年金額が決まります。


2003年3月以前の賃金は月給だけで考えますが、

その後はボーナスを含めます。



 
自分で計算するのは困難です。

50歳以上なら、社会保険事務所に問い合わせれば、

過去の加入記録に基づき、将来の年金見込み額を試算してもらえます。


厚生労働省によると、男性の平均的な賃金

(税込み年収約560万円と想定)で40年働いた人の場合、

現行は月額約10万1000円です。


特老厚の「定額部分」は、賃金水準に関係なく、加入期間に比例して

多くなります。

加入月数に、生年月日別の「単価」を掛けて計算するのが基本。

ただし、加入月数には一定の上限があります。

これから定額部分を受給する男性では、最大で月額6万円程度に

なります。

定額部分は支給開始が引き上げられつつあり、

49年(同54年)4月2日以降に生まれた人はもらえません。


65歳以降の本来の老齢厚生年金は、報酬比例部分の計算方法と

同じです。


定額部分は65歳以降はなくなり、代わりに全国民共通の基礎年金が

支給されます。

基礎年金は40年加入の満額で月額約6万6000円(07年度)。

年金額は加入期間に比例します。


定額部分より基礎年金の方が少なくなる場合は、差額が

厚生年金から「経過的加算」として支給されます。

従って、基本的に65歳の前後で年金の合計額は変わりません。
(林真奈美)

by YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/43/kaikaku206.htm


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59259729
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。