団塊世代

団塊世代がまた時代を変える

第五の、そして何よりも重要な団塊の世代の特色は、終身雇用と集団主義に漬かった「会社(職場)人間」ということだ。

故郷を捨てて都市に出て会社(職場)に勤めた団塊の世代は、血族社会も地縁社会も失った。

それに代わって彼らが帰属したのは職場だった。
団塊の世代が就職した時期には、既に日本経済は高度成長期の真っ最中、終身雇用と年功賃金と集団主義の日本式経営が確立されていた。

数の多さと変化の先端を行く風圧を感じていた団塊の世代は、職場に安住の場所を求めた。

「会社のため」「仕事だ」といえば何事も通るという発想に凝り固まった。

九〇年代の長期不況によって、リストラや企業整理があったとはいえ、この国の社会では、なお終身雇用概念は健在であり、人々の心理と行動をとらえ続けている。続きを読む

団塊世代

団塊世代がまた時代を変える

第五の、そして何よりも重要な団塊の世代の特色は、終身雇用と集団主義に漬かった「会社(職場)人間」ということだ。

故郷を捨てて都市に出て会社(職場)に勤めた団塊の世代は、血族社会も地縁社会も失った。

それに代わって彼らが帰属したのは職場だった。
団塊の世代が就職した時期には、既に日本経済は高度成長期の真っ最中、終身雇用と年功賃金と集団主義の日本式経営が確立されていた。

数の多さと変化の先端を行く風圧を感じていた団塊の世代は、職場に安住の場所を求めた。

「会社のため」「仕事だ」といえば何事も通るという発想に凝り固まった。

九〇年代の長期不況によって、リストラや企業整理があったとはいえ、この国の社会では、なお終身雇用概念は健在であり、人々の心理と行動をとらえ続けている。続きを読む

団塊世代

団塊世代の通って来た道

二〇〇七年(平成一九年)から団塊の世代が六〇歳代に入り、その多くが現在の職場を去る。

今、官僚機構を中心に、これを危機的に語るのが流行っている。

数多い団塊の世代が職場を去って年金生活に入れば、財政も年金会計も破綻するばかりか、生産現場は人手不足になり技術技能や経営ノウハウの継承も難しくなる等々である。

しかし、この予測は外れるだろう。

これまでも官僚やその追随者の言ってきた団塊の世代に関する予測はすべて外れている。

たとえば、この世代が高校・大学を卒業した六〇年代末、官僚は就職難を予測したが、現実には大の好景気で、人手不足の求人難になった。

団塊の世代が需要を広げ、設備投資を誘ったからだ。
この世代がニューファミリーとなって子育てに励み出した七〇年代、官僚は住宅不足を予測し、住宅公団や自治体の供給公社に何兆円もかけた。

だが現実は民間のプレハブ住宅やマンション建設が進み、公団団地はガラ空きになった。続きを読む

団塊世代

「団塊世代の仕事」就業支援

Webサイト構築のアイスリーデザインは2月27日、人材サービスのプロフェッショナルバンクと協力し、両社の団塊世代向け就職情報サイトをサービス連携すると発表した。

第1弾として、アイスリーデザインの「団塊JOB.com」が、プロフェッショナルバンクの「団塊世代の仕事」の求人情報を掲載する。

団塊世代は、定年退職後の再就労への意欲が高いが、現在は会社関係や個人的人脈を頼る事例が多い。

アイスリーデザインの「団塊JOB.com」もそうした傾向に対応し、3月1日より中高年向けソーシャルネットワーキング・サービス

(SNS)を開始する予定だが、人脈以外の就労支援インフラ構築も検討しており、今回プロフェッショナルバンクとの提携を決めた。

団塊JOB.comではSNSの開始に合わせ、プロフェッショナルバンクの「団塊世代の仕事」の求人情報RSSで取り込み、新コンテンツとして掲載する。

これにより「まだ消極的な企業に対し、若い世代を中心とした採用から、団塊世代にも注目してもらうよう働きかける」
(アイスリーデザイン)という。

団塊世代

ユニ・チャーム が団塊世代向けに・・・

60代の4割、70代の半数が尿漏れや失禁の経験を持っているという。
そんな中、これから定年を迎える団塊世代に向けたおむつが
発表された。

 
製造・販売する「ユニ・チャーム」が27日に発表した新商品「ライフリー 吸水下着 スリムウェア」は、介護の必要はない

ものの、尿失禁の症状がある人たちに下着の感覚で付けてもらおうと開発されたもの。

伸び縮みする素材を使い、これまでのおむつと比べて柔らかく、動きやすい形状になっている。

 
ユニ・チャームでは、団塊の世代が気軽に手にしてもらえるような商品展開を行っていきたいと話している。

 
いよいよ4月から、団塊の世代の大量退職が始まる。
今後、大きな需要が見込まれる健康や介護にかかわる商品は、
これからますます開発競争が激しくなりそうだ。

          ◇       ◇

現実の問題として考えていかなくてはいけない事柄ですね。

団塊世代

団塊世代の生活意識調査

インターネットを活用した市場調査やマーケティングコンサルティングを展開する株式会社インタースコープ(東京都目黒区・代表取締役社長:田部 信 以下インタースコープ)は

2007年2月、自社モニター会員を対象にアンケートを
実施しました。

今回の調査では、2007年以降に定年を迎える団塊世代男性(本調査では57〜59歳を対象としました)とその配偶者について、

今後の生活に対する期待や不安、就労意向などについて質問し、夫婦それぞれの立場や、世帯の貯蓄額の違いによる意識差
を明らかにしました。

その結果、以下のような興味深い結果が得られました。続きを読む

団塊世代

家の立替を考える。

◆団塊世代建て替え狙う 岡山県内住宅メーカー

段差少なく高齢でも暮らしやすい 平屋販売を強化

団塊世代(1947〜49年生まれ)をターゲットにした平屋住宅の販売を、岡山県内の住宅メーカーなどが強化している。

1970年代後半に住宅を購入し、建て替え時期を迎えている世帯が多い上、今年からの大量退職で退職金が入り資金面でも余裕が見込まれるため。

各社は段差が少なく、高齢になっても暮らしやすい平屋のメリットをPR。少子化などで住宅市場が頭打ちとされる中、新商品を投入するなどして売り込んでいる。

 
セキスイハイム中国(岡山市柳町)は昨年11月、平屋住宅の新商品を発売した。

家の中の温度が一定に保てるよう断熱性能を高めたほか、外気を温度調節した上で取り込む換気システムを採用し、急な温度変化による血圧の急変が起きにくいように配慮した。続きを読む

団塊世代

退職金が狙われている?

団塊世代の大量定年退職に伴う退職金は魅力的です。

色々な企業がこの「退職金」を狙って(?)います。

ひとつとして建設関係の企業があります。

うたい文句は退職金で「賃貸住宅」を建設し家賃収入を
第二の年金のとして受け取る考え方です。

退職後の収入の不安をなくし、公的年金+家賃収入で
優雅な老後をきずく。

なんとも理想的なお話で退職金が沢山あり、一部を使って
無借金で建てることができればうれしい限りです。

今の賃貸住宅は管理が楽なシステムが出来上がって
いるようです。続きを読む

団塊世代

不審電話相次ぐ 年金受給者を狙う

新手の振込み詐欺です!ご注意ください!

新宮市や和歌山市周辺に住む年金受給者宅に1月以降、社会保険庁の職員と名乗り「年金の払い戻しがある」などと偽って現金を振り込ませようとする不審電話が相次いでいる。

和歌山社会保険事務局は「不審と思われる電話があれば、最寄りの社会保険事務所などに問い合わせてほしい」と注意を呼び掛けている。

和歌山社会保険事務局によると、22日までに和歌山市周辺で17件、新宮市周辺で14件の不審電話があった。

 
「年金額を増やしてあげるから指定口座に振り込んでもらえますか」などの内容。

22日には和歌山市の73歳女性から「電話があって現金43万5300円を振り込んでしまった」という相談があったという。

 
同事務局は、指定口座に現金の振り込みを依頼したり、社会保険の手続きのための手数料として現金を徴収することはないという。

「紀伊民法」より

うまい話は絶対ありません!
大事な年金はご自分でシッカリ!守るように。

団塊世代

本を読んで日本を考える

◆東京拘置所生活512日

「国家の罠-----外務省のラスプーチンと呼ばれて」を読んで
からもう1年になる。

外務省にとって、日本の外交にとって絶対に必要な本物の外交官、佐藤優氏が背任容疑で逮捕されたのは2002年5月、7月には偽計業務妨害容疑で再逮捕。

その後512日間東京拘置所に勾留され、05年2月執行猶予付き有罪判決(懲役2年6ヶ月)を受け、現在控訴中の身。

512日という途方もない年月を彼は何を考え、どう過ごしたのか、興味あふれる1冊である。続きを読む

団塊世代

日本の将来は?

ベビーブームの親が育てた子供たち
この問題はあらかじめ差し支えあったら御免なさいと言って置かないといけないかも知れませんのでお断りさせていただきます。

私たち公団の団地に住む者にとって特に主婦の間で問題になっているのが30代の主婦が起こす日常生活の所帯間のトラブルである。

例えば布団や毛布を干す。
下のうちに掛かって迷惑を掛けようがお構い無しである。

隣近所には迷惑の掛からないように配慮するのが生活の常識だと思うのだがそのマナーが判らない。

そんな人に限って飼ってはいけない犬、猫を飼う。
外出の時も抱いて出掛ける。本人は満足なのである。

勿論注意しても自分の非は認めずに反対にうるさいと
怒ってくる。

考えてみると彼、彼女らは団塊の世代の両親に育てられた
子供たちである。続きを読む

団塊世代

団塊世代の人材派遣!

セシール子会社の「セシールビジネス&スタッフィング」
(CBS、香川県高松市)は、団塊世代を対象にした
「シニアアクティブクラブ(SAC)」を設立した。

登録会員に対する人材派遣サービスの提供に加えて、
会員のサークル活動を支援して交流を促進したり、
グループの人材を活用した資産講座を行うなどして、
定年退職後の生活を支援する。

 
SACは、大量退職がスタートする団塊世代のほか、
五十、六十歳代のシニア世代が登録対象。

現役時代に培った経験やノウハウを生かして収入を得るだけ
でなく、地域や社会とのつながりが希薄になりがちな生活を
充実させる場として会員に活用してもらう。

 
CBSは人材派遣先を開拓し、会員にあっせんするほか、
社会保険労務士などの資格を持つグループ社員による年金や
税務セミナーなどを計画。

会員の趣味のサークルの活動場所を提供したり、会報の発行
などの協力も予定している。

 
さらに、高齢者の買い物代行や簡単な住宅改修など、
新しい事業として個人向けのサービス事業に乗り出し、
力を入れていく方針。

会員自ら開発に参画してもらい、サービスメニューの検討
などを進めている。

 
今月十五日時点の登録会員は約四十人。
四月に設立総会を開く予定で、今年中に百人程度の登録を
目指している。

 
同社は通信販売の経験を活用して、人材派遣や職業紹介などの
事業を手掛ける。

吉田基弘社長は「SACを通じて地域の活性化に貢献できれば」としている。
問い合わせは(0800―888―4020)。

四国新聞社より
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/article.aspx?id=20070216000094

香川近郊の団塊世代の方々、働く意欲のある方、60歳は
通過点です。

希望と夢を再び見れるようにガンバリましょう。

団塊世代

干しシイタケ栽培の原木オーナー?

干しシイタケの生産量、品質ともに日本一を誇る
県椎茸農協(大分市)は、今年から大量退職する

「団塊の世代」を対象に、シイタケを育てる原木の
オーナー制度を始めた。

取り組みの背景には生産者の高齢化と後継者不足があり、
応じた人の中から第二の人生として本格的な栽培を始める人が
育つことを期待している。

 
県内の2005年の干しシイタケ生産量は約1400トンで、
全国の34%を占める。

品質への評価も高く、昨年7月の全国品評会で生産農家3人が
最高の農林水産大臣賞に輝き、県として8年連続40回目の
団体優勝を果たした。

 
一方、価格は、安い中国産が出回った影響で、1983年の
1キロ当たり6812円から05年は3449円まで低迷。

これが、後継者不足につながった。

同農協の組合員数は、ピーク時の71年は9190人だったが、06年は7月末時点で3962人にまで減少。

平均年齢は68歳となっている。続きを読む

団塊世代

団塊世代と障害者に特化県が就労支援センター設置へ

団塊世代の定年後、居住地での社会参加や就労に関心が高まっている。

また、障害者自立支援法が施行され、障害者の自立、就労などが急務となっている。

こうした時代要請に応えようと県は、団塊世代と障害者に特化した就労支援センターを設置する方針を固め、関連予算を新年度予算案に計上する。

 
団塊世代、障害者分野に加え、既に実施している女性の就労や起業支援を目的にした「女性チャレンジ事業」、若年者を対象にし

た「ヤングキャリアセンター埼玉」(二〇〇四年五月開設)と併せ、四分野で就労支援態勢が出来上がる。続きを読む

団塊世代

日本はなにかがおかしいぞ!・続編

あまりにも理不尽な事が多すぎます。

時代の流れ、進み方が速すぎて人間が付いていけなくなって
いるのではないかと、思うときがあります。

「物造り、日本」と言われた昔(?)はとことん煮詰めて
納得のいく商品を世の中に出して成長してきたと思います。

そのために寝食を惜しみ団塊世代の人たちは働いてきたのだと
思うのですが・・・・・・・・・・。

「職人」と呼ばれる人たちは物がどうあるべきかを身体で
覚え実行してきた人たちです。

この人たちの考え方には納期は二の次で、商品の完成度が
一番でした。続きを読む

団塊世代

日本はなにかがおかしいぞ!

毎日殺伐たる事件、事故がおこり、「何で、どうして」と言うような
事柄が多く、自分たちの子供の頃では考えられなかった事ばかりです。

◆この国のモラル

えらそうなタイトルつけましたが、
あるある大事典の続きです。

ついに昨日あるあるは番組打ち切り。
関西テレビは、役員の報酬を3ヶ月にわたりカットしたり、
引責辞任したり、ごたごたが続いています。

しかも、ここぞとばかりに、
「あるある、これまでも捏造が日常茶飯事!」とかいう
記事が出たりとか。

最初に、情報捏造・・と聞いたときは、
「これで納豆が買える・・」としか思わなかったニュースですが、
だんだん騒ぎがでかくなってきました。続きを読む

団塊世代

団塊世代の移住受け入れ

◆芦別 炭住跡地、再開発へ 団塊世代の移住受け入れ
  2007/02/10 08:10
 
【芦別】精密ベアリング製造の北日本精機
(芦別、小林英一社長)と芦別商工会議所、芦別建設業協会、
芦別市の四者は九日までに、北日本精機が西芦別地区に

所有する炭鉱住宅跡地を無償提供し、団塊世代などの
移住受け入れを目的とする再開発に協力していくことで
基本合意した。

 
同社が所有する土地は三井芦別炭鉱の炭住跡地
約四十六万平方メートル。

このうち新工場の建設予定地を除く四十四万平方メートルを
無償提供し、移住者用の宅地などを造成する。続きを読む

団塊世代

定年前から下準備<津田倫男>

ベンチャーの立ち上げや中小企業の事業拡大の
コンサルティングを手がける津田倫男さんが
『60歳からのチャレンジ起業』(KKベストセラーズ刊)を
書いた。

定年退職を迎える団塊世代を中心とした中高年に向けて、
ニュー・ジャパニーズドリームを目指し、知恵と経験を
生かして起業せよと呼びかけている。

これからリタイアする団塊の人たちは、自分なりの
ライフスタイルにこだわりを持ってきましたから、
意志決定のできる世代だと思います。

60歳になれば会社に残るか否かの迷いもないで
しょうから、起業を決断しやすい状況にあります。続きを読む

団塊世代

団塊世代のお小遣いは?

1947年〜49年のインターネットユーザー800名と
1944年〜46年のネットユーザー600名合計1400名
の回答を集計したデーターによると

お小遣いの平均金額は男性31、471円、女性25,169円でした。

男性で一番厚い層は4万円〜5万円で17,5%
女性では、2万円〜3万円未満が19,3%でもっと多かった。

地域別の小遣いの平均値では
最も多いのが関東で34,269円。逆に
もっとも少ないのが
北海道、東北、九州、沖縄の25,925円でした。

世帯の平均貯蓄額は役800万円でした。(う〜む)

今現在、在職中の方に定年後のライフスタイルの予定を
たずねると団塊世代の21,7%の方がずーと仕事をしたい
引退するつもりは無い。と答えています。

データーはC→NEWSより

小遣いの金銭的価値は、物価との兼ね合いがあるので物価の高い
関東では金額自体は多くなってもいたしかたがないのかも。

貯蓄金額が平均800万円ですか。
これをどう捉えるかですね。
老後夫婦で安心して暮らすにはどのくらいの貯蓄があれば
いいのか?

何かに書いてあった私の記憶では60歳で退職し80歳まで
生きるとして一人2千万円×2=夫婦で4千万円と記憶して

いたのですが・・・お金の事を考えるとお先が真っ暗に
なってしまい誠に憂鬱です。

やはり頼るのは「宝くじ」しかないか!

当たる事を夢に見て、毎日がんばらないと・・・・

まだ、年末ジャンボ宝くじを大事にしまってあります。
開封しない間は夢がまだ継続中なのです(笑)

団塊世代

団塊女性「夫といると憂鬱」


ダイキンは団塊世代と団塊ジュニア層に対して行った
「夫婦の空気」の調査結果を2007年2月8日に発表した。

団塊世代が夫婦で過ごす時間が長くなると、女性の方は
「体感温度が下がる」と感じていた。

調査では、熟年夫婦(54〜62歳/結婚歴20年以上)と
「新米夫婦」(26〜33歳/結婚歴3年未満)から世代性別ごと
50人、計400人を集め、インターネット上で調査した。

それによると、熟年夫婦は夫婦だけで過ごす時間が
「増えている」(59%)のに、共有する時間が増えることに
対して「憂鬱」と答えた男性は22%、女性は55%と大きく差が
ついた。

さらに夫婦で一緒にいるときの体感温度を熟年夫婦に聞く、
「下がることが多い」のが男性24%に対し、女性は40%。
さらに「体感温度が下がる理由」に熟年夫婦の女性の39%が
「自分の自由な時間が減る」をトップに挙げた。

同社では07年から始まる団塊世代大量定年退職にともない、
夫婦のライフスタイルも大きく「変わる」としている。

J−CASTニュースより

奥さんにとって、旦那さんはヤッパリ邪魔な存在なのかなぁ〜

「亭主元気で留守がいい!」どこかで聞いたフレーズだけど
的を得ていますね・・・・・(涙。。。。)
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。