団塊世代の自己防衛

高齢者を狙う個人年金保険(下)

独立行政法人・国民生活センターは2005年7月に「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」という記者発表を行っている。

それによると個人年金保険に関する相談が年々、増加しており、契約に際しては十分に注意するよう消費者に呼びかけた。

02年度には銀行窓口分25件、証券会社窓口分4件だったものが、04年度には銀行146件、証券会社6件と増加傾向にあった。以降も相談は寄せられている。

事例を見てみよう。

05年3月に公表したものだが、78歳の母親が訪問販売で契約した個人年金保険についてその親族から相談があった。

母親は取引のある銀行の新しい担当者が自宅に訪問した際、積立預金と思って契約したものが実は個人年金保険で米国通貨建てで変動リスクのあるものだった。続きを読む

団塊世代の自己防衛

高齢者を狙う個人年金保険の実態(中)

政府が推し進めた規制緩和の流れに伴い、証券会社や銀行の窓口で販売を行える金融商品が大幅に拡大されている。

個人年金保険も1998年から証券会社、2001年からは銀行でも保険商品の窓口販売が解禁され、以降に個人年金保険が取り扱えるようになっている。

商品は金融機関が開発したものではなく、生命保険会社の商品を窓口で売るという代理店方式で、金融機関は手数料を生命保険会社から得て収益をあげている。

個人年金保険商品は複雑多岐にわたっており、為替と連動して年金額の変わる変動型など投資性の高い商品も多い。

消費者の中には個人資産を預金やリスクの高い株式投資に回すより、個人年金保険に回したほうが将来の保障にもなると契約するケースが多いという。

前回に紹介したNさんの場合も証券会社がNさんの資産状況などを見た上で、個人年金保険を勧めようとしたものだ。続きを読む

団塊世代の自己防衛

「厚生年金」ネタに詐取

13日午前10時ごろ、兵庫県姫路市白浜町の73歳女性宅に、市職員を名乗る男から「厚生年金が上がるので、20万円払ったら月34万円入ります」と電話があった。

約1時間後に「市役所の山本」と名乗る男が女性宅を訪れ、「取りあえずあるだけでいい」と言って現金8万円をだまし取った。

また、同日午後0時40分ごろ、同市飾磨区都倉の71歳女性宅にも、「4月から年金利率が下がる。金を納めたら4割増しになる。30万円用意してください」と電話があった。

女性は自宅を訪れた「山本」という男に現金30万円をだまし
取られた。

県警飾磨署は、同一犯による犯行とみて、詐欺容疑で男の行方を追うとともに、共犯者の存在も視野に捜査している。

by「時事ドットコム」

詐欺の目的は相手からお金を取る事です。
どんなに良いお話でも「先に金銭を要求されたら」
まず、疑ってみましょう。

私は常にこの考え方で物事を考えていますが
先に金銭をもらったらひょっとして引っかかって
しまうかも(笑)。

団塊世代の自己防衛

高齢者を狙う個人年金保険の実態(上)外資系生保と金融機関が談合

テレビコマーシャルや新聞広告では高齢者をターゲットにした保険商品が盛んに宣伝されている。

老後の生活設計の安定を望む高齢者に対して、巧みな宣伝文句で保険商品を勧めるものだが、最近、銀行や証券会社を販売窓口にした「個人年金保険」が急速に売上を伸ばしている。

しかし高齢者にどれだけニーズがあるかは不透明だ。

さらに高齢者に保険商品を勧めること自体について金融庁などは慎重にするよう求める指針を公表している。

以下に紹介する事例はあやうく必要性を感じない年金保険商品を契約させられようとしたケースだ。続きを読む

団塊世代の自己防衛

暗証番号の管理方法

貴方は暗証番号の管理をどのようにしていますか?

まさか、

暗証番号は、貴方の生年月日や、車の番号では

ないでしょうね?

安全な番号とは、どんな番号だと思いますか?

沢山の作った暗証番号では覚えることは
できませんよね!

年を取って忘れっぽくなっても大丈夫な番号は?

お分かりですか??????続きを読む

団塊世代の自己防衛

カードの口座管理方法

カードによる詐欺、窃盗などの事故が後を立ちません。

お金を守る為には、カードでの支払いのほうが現金を
持ち歩くよりはズ〜ト安全になります。

それでも、万一に備えて、カードでの決済口座の事故を
最小限にする為、少し工夫をしましょう。


基本的な考え方はリスクの分散です。

お持ちのカードの枚数と同数の口座の数を作ります。

そうです、カード別の口座を開設するのです。続きを読む

団塊世代の自己防衛

退職前に必ずやっておく事!

カードの申し込み時について、団塊世代の皆さんへ
大事なお話をしておきます。

私は、引退するまで会社を経営しておりました。

その時には、多くの金融機関から、カードを
作ってくださいとの、依頼が多く、お付き合いで

5〜6枚ぐらいを作りましたが、ほとんど使用
したことはありませんでした。

そのうちゴールドカードなどもお付き合いで
作りましたが一度も使用せずに引退する2年前

ぐらいに多くのカードをお返しして
生活しておりました。続きを読む

団塊世代の自己防衛

強盗、恐喝などにあった場合

団塊の世代(60歳)の方々はこれから自由な人生を送れる時に一番気をつけたいのが不慮の事故と健康だと思います。

健康は定期的な検診と運動で対処してもらって、一番の不安要素はいつ巻き込まれるか判らない、強盗、恐喝など命にかかわる
災難に遭った時の対処の仕方です。

まず、遭遇したら、怪我をしないこと、命を守ること、を
最優先に考えましょう。

腕に多少の自信はあっても、相手が隠し持っている凶器などは
想像もつきませんし、影に潜んでいる仲間達がいるかも

知れませんので、手は出さずに持っているものは要求されたら
全てあげてしまいましょう。続きを読む

団塊世代の自己防衛

車上狙いについて

車を壊されて車内を荒らされる、誠に不愉快で、腹立たしい
限りですね。

車外から見て、バッグ、ナップザック、背広、紙袋、
スーツケース、箱風呂敷、など、何かが入っていると
想像させるものが車内にあれば全て狙われます。

施錠してあってもガラスを割られて盗まれます。

プロにかかれば10秒です!

私は以前駐車していた駐車場(10台可能)で30年間に
無施錠で1度も被害にあいませんでした。続きを読む

団塊世代の自己防衛

ゴルフ場の場合

ゴルフ場のクラブハウス内の貴重品BOXこれが結構事故が
多くて問題になっています。

以前、新聞にも載りましたが、あるゴルフ場で貴重品BOX
コーナーでの盗難事件があまりにも多く、調べていく内に

ゴルフ場の支配人が仲間で、合鍵を使い盗んでいた事件は
防ぎようもありません。

この、貴重品BOXでの事故は私の身近でも起こり、友人が被害にあいました。

その時の状況は、友人が貴重品BOXコーナーへ財布の入った
手提げバッグを入れて、暗証番号をセットし、練習グリーンへ出かけました。

パターをしていたところ忘れ物(名刺)にきずき、再び
貴重品BOXへ行き、暗証番号をセットして開いたところ、バックごと盗まれていました。

時間にしても10分程度での出来事でした。

後からよくよく考えてみると、友達が、貴重品BOXコーナーへ入っていく時に、同じくして、入ってきた男性がいたそうです。続きを読む

団塊世代の自己防衛

流行の銭湯

貴方は今の世の中に不安を感じませんか?
毎日の生活の中で多くの事件、事故が報道されています。

その中でも特に弱者(子供、女性、お年寄り)の被害が多く見受けられます。

団塊の世代の方々が2007年には約300万人が現役を
引退して第二の人生を始めるにあたり、快適、安全に

過ごすには、自己防衛の知恵を備えておく必要があると
思います。


まず次の事柄についてお考えください。続きを読む
           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。